サイトについて 特集 ファッション キーワーズ イベント プロフィール ブログ

bochi-bochiの会のメンバー紹介です


なまえ:

ひっとーん☆

じゅうしょ:

摂津市

こども:

2006年5月生まれの男の子★コウメイ

しごと:

昔はショップスタッフなど
現在はこどもが保育園生活に慣れたら、好きな仕事をしたいな☆

しゅみ:

ショッピング・韓国ドラマ鑑賞(韓流歴7年!)

通院など:

心房中隔欠損・動脈管開損症(生後2週間で完治)・肺高血圧(中度〜軽度)・合指症(右足)

ブログ:

コウメイ日記(仮)

誕生〜1ヶ月

妊娠8ヶ月頃、胎児の体重が増えないことで入院をしました。
2ヶ月近く入院して退院した翌日に陣痛、そして出産します。
2006年5月26日、21時24分 体重2358グラム、身長46センチの男の子でした。
その後、わが子が黄疸がきついことやミルクの飲みが悪いこと、 心臓から雑音がすることで近くの総合病院に運ばれます。
そして翌日、当時の夫にダウン症の疑いがあると先生に言われたことを告げられました。
心臓の検査でまた別の総合病院に運ばれるも問題になっていた動脈開存症を自分で治していたようでまた元の病院に戻されました。
動脈開存症のせいで体がむくんでいたのか元の病院に戻ってきたときはスッキリした顔で目がぱっちりしていて本当に自分の子なのか疑うほど別人でした。


〜3ヶ月

●〜2ヶ月
生後1ヶ月のとき子どもが入院している総合病院でダウン症と正式に診断されました。
動脈開存が治ってから少しずつミルクを鼻から口で飲むようになりました。
それでも吸引力が弱く途中で寝てしまうことんもありなかなか体重が増えませんでした。
それでも体調そのものは良く鼻からチューブが取れミルクを口から飲めるようになったことで退院の許可をもらいました。

●〜3ヶ月
退院をするも心房中隔欠損は完治していなかったので1日3回分の利尿剤を処方されました。
とにかく体重がしっかりつけるようにと先生に言われ家でミルクをたくさん飲んでもらるよう頑張るも飲みきる前に寝てしまうことがほとんどでした。
でも夜は「大丈夫?」って心配になるほど朝まで起きなかったのでしばらく夜泣きに悩まされずに済みました。
入院中は面会に行っても寝てることが多かったのですが24時間いっしょにいることで「キャハ」と笑ってくれることに感動しました。


〜6ヶ月

●〜4ヶ月
寝たきりだったのが足をバタバタさせたり横を向いて反り返っていたりとだんだんと動くようになりました。
首が据わってないうちに寝返りをしていいのかわからずとりあえず反り返ってるのを目撃したらまっすぐに直すのが日課になっていました。
しかしそのうち寝返りが出来るようになってしまいダウン症は成長が普通の倍かかると言われていたので驚きました。

●〜5ヶ月
足を真上に上げるようになり下半身の動きが活発になってきました。
首も少し安定し始めてきて私のことを目で追うようになりました。
声もよく出すようになりよく笑うようにもなりました。
そろそろ離乳食を始める時期かと思い薄めた果汁やおもゆをあげるも反応はイマイチ。。。ちょっと間をあけて野菜スープをスプーンであげると1口2口は順調だったのにその後は泣くは叫ぶはで中断。
離乳食は出だしでつまづくことがありました。

●〜6ヶ月
首がさらにしっかりしてきて動きも益々活発になり自分で足をつかむようにもなります。
声のバリエーションが増え何か喋ってるようにも聞こえたりして周囲を驚かせていました。(ただの親ばか)
ミルクの量も徐々に増えてきていつのまにかくつしたのサイズが合わなくなっていました。
首がしっかりしてきたのを機に念願のベビーカーを購入し(それまではスリング)お出かけを増やすようになりました。


〜9ヶ月

●〜7ヶ月(体重5500)
ミルクを1回に200CC飲むようになり離乳食はスープからペーストに昇格!
それでも離乳食は苦手なようで思うようにすすみませんでした。
でもミルクはしっかり飲むようになったので顔が少しふっくらしてきます。
このころには完全に首は据わりオモチャを両手で掴むようになり口に入れたりして遊ぶようになりました。
泣き声もだんだん大きくなってきました。

●〜8ヶ月(身長62・体重5800)
このころになると苦手だった離乳食をパクパク食べるようになりました!
それまではほとんど食べなかったのでこっちも用意することがおっくうになっていてミルクに頼りきりだったのですが久々に食べさせてみたら好感触!
特にかぼちゃやサツマイモを好んで食べていました。
ウンチも大人並みの粘り気のあるものになります。
眠いときは手で顔を触ったり私が近づくと顔に手をあててきたり、つばをブーっとふいたりと表情や仕草が色々出てくるようになりました。

●〜9ヶ月(身長66・体重6460)
お座りを一瞬できるようになり誰かが支えていたらタッチもできるようになりました。
四つ這いポーズをとると前後に揺れたり足を蹴って前に進もうとしていたり寝返り以外の動きが見られるようになりました。
少し我が出てきて気に入らないことには叫ぶようになりました。
人見知りをするもすぐに慣れているようでした。
このときから某療育機関で赤ちゃん体操に通い始めます。
こどもと2人で買い物以外のお出かけする機会はあまりなかったのでいい気分転換になりました。


〜12ヶ月

●〜10ヶ月
ついにずり這いで全身するようになりました!!
赤ちゃん体操でおもちゃを取りに行かせるように前に置き、そのときに足を持って交互に出して前に行けるように手伝ってあげるというアドバイスをやっていたらなんとか前進するようになったのです!!
離乳食は1日に2回に増やし体も大きくなったのか今まで着ていた服がパツパツになってきていました。
ちょうどお座りも安定してきたので念願だった上下別の服をたまに着せるようになりました。

●〜11ヶ月
ずり這いのスピードがアップ!!目に入るも物にとりあえず突進するようになりました。
ミルク入りの哺乳瓶やお茶碗を見つけると目がキラーンとさせるぐらい食欲旺盛になり生まれて間もないときはガリガリだったのにこの頃にはすっかりぽっちゃりになっていました。
以前までいびきをしていて息苦しそうで気になっていたのですが自分で寝方を変えるようになりそれと同時にいびきもマシになっていました。

●〜12ヶ月
うつ伏せから腕を立たせ膝を曲げてお座りができるようになりました。
最初は膝を曲げないまま座る体勢になっていたのですが赤ちゃん体操で「膝を曲げる癖をつけるように」と指示があったのでとにかく必死に曲げていました。
そして誕生日の4日前につかまり立ちをするようになり急成長ぶりに驚きました。
ベビーカーに乗せていると前のめりになり外をよく見るようになりました。


〜15ヶ月

伝い歩きをするようになり少しずつ距離も伸ばし始めつかまるものがなければ壁に手をついて歩くようになり、ついには1人で数歩あるくまでになりました。
ハイハイをさせようにも高這い(膝を曲げない状態のハイハイ)になるのでそれだったら歩かせましょうと赤ちゃん体操で言われハイハイはほとんどしないままで歩かせました。
「抱っこ〜」と両手を広げるサインをしたり何か欲しいときに「アウッ」と言ってきたり子どもからの発信するサインが出てくるようになりました。
そしてや〜っと歯が1歳2ヶ月を過ぎた頃に出てきました!!


〜18ヶ月(身長74・体重9,1(1歳半健診時))

いよいよ地元の療育園に通い始めます。
きっかけは子どもが歩くようになり月1回の赤ちゃん体操だけでは物足りなく思えてきて保健婦さんにその思いを伝えたところ地元の療育園を紹介してもらいました。
最初は小さい子ばかりでやっているデイサービスと、同じ施設内にある母子通園と週に1回ずつで通い始めました。
ここの園でたくさん歌をうたうので手遊び歌に興味を持ち始め芸がたくさんできるようになりました。
特に糸巻きのように手をグルグルさせるのはすぐ覚えていました。
こどもだけでなく親の私がこの通園で学ぶことが多く初めての育児でどうやって子どもと遊んでいいのかもわかっていなかったのですごくそのためにもなりました。


〜21ヶ月

歩くようにはなったものの足が前に出さないまま歩くのでペンギンのようにふらふらしながら歩いていました。
ハイハイをしなかった影響かなと思うのですが移動手段はほとんど歩行になっていたのでいまさら修正もできず手押し車を押して足を前に出す特訓に励んでいました。
ずいぶん前に買ってもらったメロディーが流れる絵本にはまりボタンを押すことも好きだったので絵本がボロボロになるまで遊んでくれました。
療育園の影響なのかあいさつをするとき頭を下げたり名前を呼ばれたら手をあげるようになりました。
今までまったく興味のなかったテレビを見るようになり特に「いないいないばぁ」にはまってしまいぐるぐるどっかーんをマスターし始めました。
食事は療育園で母子通園のときだけ給食がありそれに合わせて家でも後期の内容にしましたが噛む様子があまりなかったので給食では固めのおかゆにしてもらっていました。


〜24ヶ月

ミルクは通園を始めた頃から飲む回数が減ってきていて水分はスパウトを使っていましたがそのうちコップで飲みたがるようになりコップを渡すと上手に自分で飲めるようになっていました。
コップで飲むようになってからスパウトを渡しても噛んだりわざと口からお茶を出して遊ぶようになっていました。
食事はほとんど大人と同じものを出すようにしましたが味はうすいままでした。
「いないいないばぁ」の影響から「ばぁ」というようになりました!
なん語らしき言葉も出るようになってきました。
まだ先のことだと思っていたトイレトレーニングだったのですが療育園の先生に給食後におまるにまたがせて排泄の練習をさせていきましょうと言われトイトレをスタートさせました。
家でもおまるを買ってみたもののじっと座ることすらままならずトイトレは療育園だけですることにしました。


〜27ヶ月

日常で使うことの多い「はい(返事)」を言えるようになりました。
離乳食時代は全く好き嫌いがなかったように思っていたのですが療育園の給食で嫌いなものが出てきました。
テレビは「いないいないばぁ」のほかに「ピタゴラスイッチ」や「でこぼこフレンズ」を好むようになっていました。
療育園にすっかり慣れた様子で私にしか要求を言ってこなかったのに先生にも自分から肩を叩いて要求を伝えるようになりました。
内気なうちの子にとってはかなり珍しい光景にびっくりしました。


〜30ヶ月

通園を始めて1年近く経ち単独通園の日を1日設けてくれることになりデイサービスはそのまま卒業になりました。
週4日(うち1日が単独通園)の通園になり忙しい日々になりました。
ブロックをくっつけて遊べるようになり積み木もよく積めるようになりました。
○(まる)を描けるようになって筆圧もわりと高く力強く描いていました。
「おいしー」とたまにはっきり言えるようになっていてうちの子は他のことはマイペースなのに食に関することはわりと早くできたりするな〜と思いました。
でもどうしても噛む癖がなかなか付かず口にたくさん入れてしまって丸呑みに近い状態だったので好物の梨やビスコで一口ずつ食べる練習をしていました。
「おいしいな〜」と私が頻繁に声をかけながら味わって食べるように促していたらいっぺんに口いっぱいに入れることは減りました。


〜33ヶ月

よくモノレールを使ってお出かけをしていたのでエスカレーターに乗ると喜び開閉ボタンを押してくれるようになりました。
以前から私にくっついたり甘えたりという行動はあったけれどじぃじやおじちゃんにも媚びるようになっていました。
しかも場面によって媚びる相手を変えていていました。
療育園ではおまるから子ども用のトイレで排泄をするようになりオシッコが出ると「出た!」と言うようになりました。
そしてついに自分から「シッシ」と言ってからオシッコを出すようにもなりました。
「ちょうだい」のサインも自分からするようになり積極的にサインを出すようになってきました。


〜36ヶ月

オシッコの次はウンチも自分からサインを出すようになりました(サインはオシッコと同じ) まだまだ失敗も多くこっちから聞かないときばってることも多々あります。
ティッシュで鼻をかんだり靴を脱いで履くこともできたり(ただしたまに左右が逆です)服を着る意欲が出てきたりと身支度を少しずつできるようになってきていました。
アンパンマンのサブキャラがわかってくるようになると発達検査で丸・三角・四角以外の形のマッチングができるようになっていました。
ストローもようやくこの頃でできるようになりました。


〜4歳

言葉のほうは「いて〜(痛い)」「おいで〜」「みて〜」と自分から言えるようになってきました。 療育園で自分から先生のほうに寄って行ったり話しかけるようになり積極的になってきた分、我も強くなってきて気に入らないことは大泣きしたり演技じみた泣き方をしたり座り込んでみたりするようになりました。
食事は緑色のものを嫌うようになったんですが療育園では先生がなんとか色んな手段を使って食べさせてくれているようで残すことは滅多にないのですが家ではかたくなに食べません。
たまに好きな食べ物でつって食べてくれるときもあります。
お肉をちぎって食べるようになり骨付きだと軟骨までしっかり食べていました。
エジソンのお箸を使えるようになってから食事時間が少し長くなり早食い防止に役立っています。
お箸を使うようになってからスプーン・フォークをお箸と同じ向きで持つ意識が出てきました。
そしてようやく「ママ」と言ってくれるようになりました!!


このページの一番上へ